社員の目標~少し工夫しながら仕事を進めることで、アイディアややりたい事が見つかる~

自分だけの目標ではなく、外に目を向けることで情報の共有化ができる。
情報の共有化とは違った情報をつなぎ合わせるということ。そこから新しいものがスタートする。

鷹尾氏:色んな社長さんにお会いしている中でも、やりたい事・実現したい理念、実際の商品、手伝ってくれる社員、この三者が完全に一致した会社というのはうまくいっているように感じていまして、社長がいつも自分は何をやりたいのか、というのを常に考えているのと同じように社員さんも何がやりたいのかを考えている。
けれども 続きを読む 社員の目標~少し工夫しながら仕事を進めることで、アイディアややりたい事が見つかる~


自責と他責

上司や環境が悪いというふうに他責思考に陥ってしまう人は反省、改善の方向性がなかなか出てこない。
一方、自分が悪いと思える人、さっと気持ちを切り替えられる人は問題を解決する姿勢が出てくるし、結果として問題解決が早くなる。

鷹尾氏:最終的に経営というのは、人に向かうと実感しますね。松下幸之助さんがおっしゃっていたように経営者の悩みを突き詰めていけば、最終的に人の問題に行き当たり、人間という物がどういうものなのかと。 続きを読む 自責と他責


社長の心得

高井様が考えられた「社長の心得」を読んで対談____

鷹尾氏:違和感があるものは何一つありません。ただ何か大きな事件があった時や、対処した時に、あれはそういうことだったのか俺はまだ分かりきってなかったなということが肉付けされていくというようなことがあります。

続きを読む 社長の心得


経営トップが考える社長のあり方とは(後編)―組織を動かすには、ガマンが必要!?

本対談は、前編・中編・後編の3部構成でお届けします。
前編:社長業の原点に迫る
中編:教育の本質は、部下の感情を動かすということ
後編:組織を動かすには、ガマンが必要!?

鷹尾氏:校長先生って実際教えないですし難しいでしょうね。 続きを読む 経営トップが考える社長のあり方とは(後編)―組織を動かすには、ガマンが必要!?


経営トップが考える社長のあり方とは(中編)―教育の本質は、部下の感情を動かすということ―

本対談は、前編・中編・後編の3部構成でお届けします。
前編:社長業の原点に迫る
中編:教育の本質は、部下の感情を動かすということ
後編:組織を動かすには、ガマンが必要!?

人を育てないといけないと感じるのは、社長業にハマった当然の結果。

鷹尾氏:私が会社を始める時は「こんな会社にしたい!」という思いだけで作ったのですが、目の前でいうと社員をビジネス的に教育する必要があるなと感じていまして、教育テーマという壁にぶつかって上下関係がないと教えられないという 続きを読む 経営トップが考える社長のあり方とは(中編)―教育の本質は、部下の感情を動かすということ―


経営トップが考える社長のあり方とは(前編)―社長業の原点に迫る―

高井 俊成 氏 × ギブ・スパイラル・ジャパン代表 鷹尾 豪 氏


日本郵政をはじめさまざまな企業で役員を経験し、経営の現場を見てきた高井氏。後、高井経営研究所として独立し、経営者のよき理解者として日々ご活躍されています。

対談相手であるギブ・スパイラル・ジャパン代表、鷹尾氏には、定期的に経営指南をするなど、良きメンターとして活躍。経営トップが考える社長のあり方について議論いただきました。

本対談は、前編・中編・後編の3部構成でお届けします。
前編:社長業の原点に迫る
中編:教育の本質は、部下の感情を動かすということ
後編:組織を動かすには、ガマンが必要!?

取材: 株式会社ギブ・スパイラル・ジャパン 社長室 西浦晃子

多くのケースで失敗や成功を沢山経験して、それを自分なりに纏めようとすると、「語録」という形で短い言葉で表現してみると良い。
仕事では何事でも原則、法則が通用するのでそのような「語録」を持っておくと考えが纏まるし、仕事の処理で割り切り、理解が早くなり効率が上がる。

鷹尾氏 具体的な課題を相談するときにいつも簡単なキャッチフレーズで経営の進め方や経営課題対応のポイントを話してもらい、考え方の交通整理をしてもらっていまして、大変感激しています。いつも高井様とお話しして感じるのですが、ふわっとしたものに論理的な視点を持って独自の見方をされているなと。そういったものが短い言葉で言われたときに、背中がゾクッとしますね。ロジックというのは 続きを読む 経営トップが考える社長のあり方とは(前編)―社長業の原点に迫る―